FC2ブログ

 

映画ファンをやり直す! 20年のブランクの後、今ふたたび映画好きになったオヤジが古今の名作・怪作を観まくります!
http://ele758.blog53.fc2.com/

 

 

--.--.--.--(--:--)
スポンサーサイト

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

2010.08.29.Sun(23:28)
『天国と地獄』(1963)監督:黒澤明

 

天国と地獄<普及版> [DVD]天国と地獄<普及版> [DVD]
(2007/12/07)
三船敏郎;山崎努;香川京子;仲代達矢;木村功;三橋達也

商品詳細を見る



小林信彦のエッセイなどで誘拐劇としての前半の流れはボンヤリと前知識としてはあったのだけれど、そのくだりが終わってまだDVDプレーヤーのゲージが半分以上残っているのに驚く。
後半の展開はまったく知らなかったので(単に目にはいってなかっただけかもしれないが)純粋にドキドキしながら観ることができた。
筋だけ追うと、結構、強引でいびつな作品のような気もする。
犯人の動機や行動にいまいち深みがない気がするし、迎え撃つ警察側もその執念の深さが一種の綺麗事過ぎるきらいがないではない。
冒頭の権藤邸内における権力闘争シーンもセリフがいささか説明的に過ぎ、舞台劇的な平板さを感じた。
いや、それだけにそんな瑕瑾をものともしないストーリーの進め方や映像表現の巧みさが余計に凄く感じられるのかもしれない。
黄金町の麻薬窟の描かれ方がなかなか印象的。
共犯の男女が見つかるシーンも地味ながらなかなか凄いよね。
スポンサーサイト
 

 

 

 

 
Comment

 


秘密にする

 

Trackback

eleking

Author:eleking
え!? こんな映画も観てないの? と思われることも多いかと思いますが、暖かく見守ってやってください。
2010年3月から突如映画を見始めました。膨大に広がる宝の山を前にいささかクラクラしつつも楽しい毎日です。ええ。

作品名での50音順索引です。

気にいられましたら、下のバナーのクリックをお願いします。

[ジャンルランキング]
映画
2647位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
1098位
アクセスランキングを見る>>

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 シネマエレキング, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。