FC2ブログ

 

映画ファンをやり直す! 20年のブランクの後、今ふたたび映画好きになったオヤジが古今の名作・怪作を観まくります!
http://ele758.blog53.fc2.com/

 

 

--.--.--.--(--:--)
スポンサーサイト

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

2010.04.28.Wed(00:00)
『タイタンの戦い』(2010)監督;ルイ・レテリエ

 

タイタンの戦い 特別版 [DVD]タイタンの戦い 特別版 [DVD]
(2010/08/25)
サム・ワーシントンジェマ・アータートン

商品詳細を見る

3D吹き替え版。

先月オープンしたばかりのワーナーマイカルシネマズ大高は、イオン大高に隣接しており、我が家の存する緑区唯一の映画施設となる。
とはいえ、現在車でも二、三十分かかってしまうのだが、これが今建設中の道路が完成するとおそらくあっという間に辿り着けるであろうことになり、さらに誠に喜ばしいことに。
施設的にもいろいろ力が入っているようで、映画に合わせて振動する座席D-BOXの日本初導入やら、ULTIRAという立体音響システム他、ワーナーマイカルシネマズ最新鋭の設備が惜しげもなく投入されてるという。
そのULTIRAというシステムは通常プラス200円料金がかかるらしいのだが、4月末までは無料ということで、これはいち早く体験しておかねば、と狙っていた。
で、対象作品は設備がされているスクリーン10での上映作品ということになるわけだが、現在『アリス・イン・ワンダーランド』と『タイタンの戦い』がスケジュールされている。
『アリス...』は、この映画の存在を知った時から見たくて上映開始をワクワクして待っていたぐらいなのだが、聞こえてくるウワサを耳にするうちにどんどん見る気力が萎えてしまっていたので、『タイタンの戦い』を選択。

で、スクリーン10、なかなか見やすいいい空間ではあった。
スクリーンもまずまずデカい。座席の座り心地や隣との間隔もよし。
レイトショーということもあって、入りは5分の1以下。(『アリス』の方は満席のお断りが出ていたが)
ただ、このスクリーンに、例の振動する座席「D-BOX」も13席分備え付けられているのだが、そこはほぼ満席。もの好き多し。
劇場の外に体験ブースがあったので座ってみたのだが、うーん、これに1000円余計に払うのか、と正直思ったが。ま、実際の動きとは違うんだろうけどね。
で、その席の列の6~7列前に座っていたわけだが、結構そこの席でも振動が伝わってくるわけですよ。もちろん動きはしないけども、軽い振動は味わえる。
立体音響システム「ULTIRA」の方は、映画によってその威力が左右されるとは思うが、確かにクリアに聞こえるとは思った。同じ映画で違うスクリーンと比較してみるとよくわかるんだろうけど。
ただ、吹き替え版だったので、いまひとつその性能が100%発揮されていたかどうか不明。
それよりも知らずに行ったのだが、劇場空間環境としては、地味ながら「ウィルスウォッシャー」が快適。いわゆる空気清浄されてますってことなんだけど。
ま、観客が少なく、まだ新しいせいもあると思うが、空気がきれいなのが実感できた。

3D方式はREAL D方式だったわけだが、先回『アバター』の時に体験したIMAX方式に比べ、話に聞いていたとおりやはり画面が暗く見える。メガネonメガネもしづらい。
今回の『タイタンの戦い』の3D評価はどうか、というと、その暗さによるマイナス面をカバーするほどの3D的な感動はなかったと云わざるを得ない。
実に3D向きな内容であるとは思うし、実際それを期待して行ったのだが、最初から3D向きに作られていないということもあってか、その魅力が充分に活かされているとはいえない。
もっと怪獣がグイグイ迫ってきて欲しいし、奥行きのある画作りという意味でも平板だった。
逆に洞窟とか城内等の暗めのシーンも多く、メガネの暗さはちょっと気になるレベル。

と、施設情報および3Dの感想ばかり書いてきたが、肝心の映画はどうだったか。
これが実におもしろかったんですねー。
ま、話は単純ですよ。特にヒネリもなにもない。
ただ怪物が実に活き活きと描かれ、怪獣好きは必見でしょう。
ま、欲をいえば、クラーケンに関してはもう少し前振りをしておいてもらって、期待を募らせての登場、という形に持ってってもらった方がより怪獣映画っぽく、良かったんだろうけど。
登場シーンはかなり迫力あり、出来も良かったんだけど、いかんせん短い。
個人的には、スコーピオンのシークエンスの方がドキドキしたかな。
聖闘士星矢ばりのコスチュームや天上界の様子はご愛敬で、特につっかかるべき所も見つからず、ニコニコ笑って見ることができる映画であった。
スポンサーサイト
 

 

 

 

 
Comment

 


秘密にする

 

Trackback

eleking

Author:eleking
え!? こんな映画も観てないの? と思われることも多いかと思いますが、暖かく見守ってやってください。
2010年3月から突如映画を見始めました。膨大に広がる宝の山を前にいささかクラクラしつつも楽しい毎日です。ええ。

作品名での50音順索引です。

気にいられましたら、下のバナーのクリックをお願いします。

[ジャンルランキング]
映画
2647位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
1098位
アクセスランキングを見る>>

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 シネマエレキング, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。