FC2ブログ

 

映画ファンをやり直す! 20年のブランクの後、今ふたたび映画好きになったオヤジが古今の名作・怪作を観まくります!
http://ele758.blog53.fc2.com/

 

 

--.--.--.--(--:--)
スポンサーサイト

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

2010.11.22.Mon(19:15)
『ロッキー』(1976)監督:ジョン・G・アヴィルドセン

 

ロッキー [Blu-ray]ロッキー [Blu-ray]
(2010/12/03)
シルベスター・スタローン、タリア・シャイア 他

商品詳細を見る



劇場でも観たし(たぶん「2」と組み合わせたリバイバル上映)、テレビ放映でも観たし、さすがにこの映画は珍しく何度も観た、と言いたいところだがせいぜい3~4度ぐらいかな。
それでも読書でも映画鑑賞でもあまり繰り返さないタイプの僕にとっては異例。
通して観たのはかなり久しぶりだけど。
シーンや流れはだいたい頭に入っているものの、試合の勝敗そのものをはっきり覚えていないという。
シーンそのものはクッキリと覚えていて、えーと、「エイドリアーン」て叫ぶんだよなあ、あれ勝って叫ぶのか、負けて叫ぶのか、それとも...、といった具合で、我が記憶いつもながらいささか心許ない。
この映画を観ると、いつもひんやりと冷たいフィラデルフィアの冬の空気を感じる。行ったことないけど。
夜の無人のスケートリンクといい、早朝のフィラデルフィア美術館前庭といい、ポーリーの務める精肉工場もそうだ。
冷たく寒々しい雰囲気の中で、ギクシャクした人間関係を孕みながら物語は静かに淡々と進行し、ラストのラストで熱気が一度に爆発する。
若い頃から観てきた刷り込みもあるけど、さすがに傑作と言わざるを得ない。
スポンサーサイト
 

 

 

 

 
Comment

 


秘密にする

 

Trackback

eleking

Author:eleking
え!? こんな映画も観てないの? と思われることも多いかと思いますが、暖かく見守ってやってください。
2010年3月から突如映画を見始めました。膨大に広がる宝の山を前にいささかクラクラしつつも楽しい毎日です。ええ。

作品名での50音順索引です。

気にいられましたら、下のバナーのクリックをお願いします。

[ジャンルランキング]
映画
2647位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
1098位
アクセスランキングを見る>>

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 シネマエレキング, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。