FC2ブログ

 

映画ファンをやり直す! 20年のブランクの後、今ふたたび映画好きになったオヤジが古今の名作・怪作を観まくります!
http://ele758.blog53.fc2.com/

 

 

2011.06.21.Tue(19:10)
『HOUSE ハウス』(1977)監督:大林宣彦

 

HOUSE [DVD]HOUSE [DVD]
(2001/09/21)
池上季実子、大場久美子 他

商品詳細を見る



現在僕がそのまっただ中にいる個人的第二期映画ブーム以前のMY FAVORITE MOVIEである。四半世紀振りに観た。
キッチュなホラーファンタジーである。
ホラーといっても、ギョッとはさせられるが怖いというのとはまた違う、極彩色の悪夢のような映画である。
悪夢というか、気持ち悪いけどもずっと見ていたいような気もするそんな夢。
『ねらわれた学園』で峰岸徹のお腹に目玉を描いた大林監督の感性が純な形で爆発している劇場用処女作だけに、現在の目で観るとどうだろうといささか不安であったが、まったくの杞憂であった。
確かにキツイ部分もあるのだが(あるのだが、というかある意味全体がキツい)、圧倒的なパワーの前にもはやひれ伏すしかない。
スイカと生首の井戸のシーンやピアノに食べられるシーンなどの強烈に印象に残っている場面は、なかなか忘れようとしても忘れられない。
さらに今回新たに気付いたのは、ラストシークエンスの奇妙さ、である。
鰐淵晴子が再登場して車から降りて家に入るまでのシャをかけたような女優撮り。
あのたっぷりした尺といい、バックの曲といい、明らかに普通ではない。
この奇妙な映画を終わらせるに相応しい異常な撮影、といえよう。
スポンサーサイト



 

 

 

 

 
Comment

 


秘密にする

 

Trackback

eleking

Author:eleking
え!? こんな映画も観てないの? と思われることも多いかと思いますが、暖かく見守ってやってください。
2010年3月から突如映画を見始めました。膨大に広がる宝の山を前にいささかクラクラしつつも楽しい毎日です。ええ。

作品名での50音順索引です。

気にいられましたら、下のバナーのクリックをお願いします。

[ジャンルランキング]
映画
2110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
866位
アクセスランキングを見る>>

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 シネマエレキング, all rights reserved.